キャバクラでのお仕事に興味を持ち始めると、他の似たようなお店でのお仕事も気になりますよね。

最近よく耳にするようになった“ガールズバー”。
これとキャバクラって、どう違うのかわかりますか?
もしお酒を提供するようなお店で働きたいと思っているなら、この両者の違いを知っておいて損はないですよ。

キャバクラはお客様と近距離で接客

キャバクラは、お客様の隣に座って一緒にお酒を飲んだり、会話を楽しんだりするイメージを持つと思います。
まさに、その通り。
それがキャバ嬢のお仕事であり、お客様と触れ合えそうなほど近い距離で接客することが、このお仕事の特徴のひとつ。

ガールズバーは向かい合って接客

一方のガールズバーの店員さんは、キャバクラのように隣に座ることはありません。
女性のバーテンダーとお客様の間にはバーカウンターがあり、向かい合って接客を行う、これがこのお仕事の特徴。

衣装や営業形態や給料にも違いがある

他にも、キャバクラの方が衣装が派手であったり露出があることも多く、また、“風俗営業”とみなされるなど、営業形態にも違いがあります。
ちなみに、ガールズバーはお酒が提供できる“飲食店”の扱いとなっています。

お給料の違いを見てみると、より高時給が期待できるのはキャバクラですね。
ただ、お店や頑張りによっては両者ともに同じくらいの時給になることもあります。
仕事の内容なども見ながら求人情報を集め、自分に合ったお仕事を選んでみましょう。